子供が勉強を好きになる方法

塾に通っている子供でも月刊ポピーをやる意味はあるの?

最近では塾に通っている子供が多いですね。
小学生でも塾に通っている子供はいるのです。
月刊ポピーをやっている子供の中にも、塾に通っている子供はいます。
塾に通っていても、月刊ポピーをやる意味はあるのでしょうか?

・地域ごとの編集になっている教材

塾での勉強とは、主に学校で習っているものの応用や、復習になるでしょう。
学校で習っている基本的なことを知っていなければ、応用問題に対応することは出来ません。
ましてや、塾での応用問題などは容易に解けるものではないですね。
月刊ポピーは、学校での日々の学習の予習や復習を出来るようになっています。
と言うことは、月刊ポピーが完璧に出来るようになれば、塾での応用にも対応していけると言うことですね。
また地域によって使っている教科書も違うので、それに合わせた編集がされている教材は、子供の成長に合うように工夫されているのです。
基礎力を付けて応用に進むことが第一なので、塾に通う子供でも月刊ポピーで基礎力を高めていると言われています。

・学校のテストと同じ形式

塾では、応用問題などを主にやることが多いですね。
一方で月刊ポピーの場合には、学校のテストと同じ形式でテストの準備をすることが出来るのです。
つまり、月刊ポピーをやっておけば、急に学校でテストをすることになっても対応していけると言うことになりますね。
テストやドリルなどを作成している新学社が長年の経験を生かして編集している教材は、問題の的中確率も大変良いと評判があります。
月刊ポピーの教材で、わかった、出来たと感じる子供は、学習そのものの意欲が上がっていくとも言われているほどです。
塾や学校での授業も問題なくクリアしていけるようになるでしょう。
自ら学ぶ力が培われるので、塾に通っている子供も月刊ポピーを楽しみながらやっているのです。

塾に通いながら月刊ポピーを続けていくことで、さらに学習が強化されます。
基礎力を高めて応用していきたい場合には、是非月刊ポピーを利用したいですね。

スポンサード リンク