子供が勉強を好きになる方法

幅広く対応している月刊ポピーの対象年齢はいつからいつまで?

月刊ポピーは、幅広い年齢層に対応しているので、成長しても続けやすくなっているのが特徴です。
さて、月刊ポピーは一体何歳頃まで対応しているのかを探ってみましょう。

・月刊ポピーは幼児から対応しています

月刊ポピーは、幼児から中学生までを対象にしている家庭教材です。
幼児は、二歳から年長までを対象として成長にあった教材を提供してくれます。
二歳の頃は人づくりの土台を築いていく為に、心、頭、体の基盤を作るような教材で、親子一緒に学んでいけるようになっているのです。
年少から年長までは、子供の好奇心を引き出すような教材で、親子一緒に楽しめたり、一人でも問題にチャレンジ出来るような工夫があります。
小学校に入るまでの準備期間になるので、文字、言葉、数字、知恵などが無理なく頭に入っていけるような教材に仕上がっているのが特徴ですね。
幼児の頃は、楽しみながら、遊びながら学習していけることが一番大事です。
そうした意味で月刊ポピーは、誰にでも向いているでしょう。

・中学生になれば、定期テストもついています

月刊ポピーは、中学生にまで対応している教材です。
教科書通りの内容なので、予習や復習がしやすくなっているのが特徴でしょう。
家に帰って月刊ポピーを開けば、学校で学習したものがそのまま復習出来るようになっています。
基礎から応用問題まで解けるようになっているので、自分の能力に合わせてステップアップしていけますね。
苦手箇所もチェックできるようになっているので、見直しでさらに苦手な部分の復習が可能です。
定期テスト対策も付いているので、学習した部分は定期的にテストしていくと自分の理解力も確認出来るでしょう。
高校入試までにやっておきたいことも、確実に学習出来る内容になっています。

月刊ポピーは、幼児から中学生までに対応している教材です。
勉強する力が付くので、効率的に勉強を進めていけるようになります。
高学年になれば、開くだけで勉強の仕方が分かるようになっているところも魅力的ですね。

スポンサード リンク