ベネッセコーポレーションでは進研模試というものを実施しています。
高校生が対象となっており、定期的に受けられる試験です。
また継続して受けていくことで自身の学力の推移を把握したり、マナビジョンの併用によって志望校への判定などを知ることができます。

進研模試の特徴とは?

進研模試はベネッセコーポレーションで実施されている試験です。
継続的に受験することで自分の学力を確認できるので、高校1、2年であれば志望校選択の指針にもなるでしょう。
また多くの人が試験を受けているので、広い範囲で客観的に学力の測定が可能となっています。
模試というものは、総じて自分の学力の推移を知る媒体となります。
ですので、特に大学受験を控えている高校生は早い内に積極的に受けると良いでしょう。
進研模試の場合、全国レベルでの学力把握以外に自分の弱点に対するアドバイスを受けることが可能です。
特に受験前は、少しでも自分の弱点を潰しておきたい時期でしょう。
客観的な指摘は受けられるに越したことはありません。

進研模試を受けるメリットとは?

ベネッセコーポレーションの進研模試を受けるメリットの1つに、受験慣れを促すというものがあります。
実は試験を行うという行為に慣れておくと、本番で役立つことが多々あるのです。
1つには緊張の緩和があります。
受験当日に緊張で実力を十分に出し切れなければ、元も子もありません。
今までの苦労を無駄にしない為にも、試験の空気などを味わっておくのも大切でしょう。
もう1つには、自分の現状をしっかりと自覚することにあります。
集団塾などに通えば、必然的にみんなで切磋琢磨しながら志望校に向けて突き進むといった構図が出来上がるでしょう。
ですが、塾には行かずコツコツと家で勉強してきた人もいるのです。
その人達が刺激を受けることができる場が、模試などの試験会場です。
志望校に向けて努力している、自分は十分頑張れているだろうかなど、置かれている現実や状態を把握するには最も適した場でしょう。
刺激を受けてさらなる努力へと昇華することが合格への道筋です。

真剣模試は受験前の腕試しや雰囲気慣れを考慮して、是非受けて頂きたいものとなっております。
学力の推移を確認することも含めて、志望校合格のために役立ててください。