最近では幼児期のお子さんに様々な習い事を挑戦させている親御さんが多くいらっしゃいます。
しかし、幼児期と言えばまだ勉強するには落ち着きがない時期。
ベネッセコーポレーションでは、お子さんの年齢に対して適切な習い事を紹介しています。

幼児時期からの習い事

幼児期のお子さんは様々なものに触れることによって、感受性や思考力などを培うことができます。
ですが、勉強のように強制的に机につかせて何かを学ぶといった方法は適切ではありません。
この時期はたくさん遊んで、いっぱい寝るのが最も大事なのです。
そこでおススメしたいのが、ベネッセコーポレーションの幼児向けのサービスです。
こどもちゃれんじやしまじろうクラブといった、幼児向けの習い事が展開されています。
こどもちゃれんじではお子さんの年齢に合わせて適切な教材を用意しているので、もしかしたらまだうちの子には早いかも、と不安になる必要もありません。
どちらもお子さんの五感を刺激して親子の触れ合いを促してくれる内容です。
興味のある方はサイトをまずは見てみましょう。

幼児期からの英語教育について

ベネッセコーポレーションでは、幼児期から習い事として英語などの教養を自然に触れさせる場を設けています。
近頃、英才教育の一環として早い時期から英語を習うお子さんが増えています。
確かに、これからの教育を考えると早い段階で英語に慣れておくのは大事です。
そこで幼児向けのサービスの中には、なんと0歳から英語に触れることができる教室が用意されています。
Worldwide Kidsという教室ですが、特徴は英語を学ぶよりも日常会話の中で自然に身に付けていくということ。
子供は大人に比べて言語の習得が圧倒的に早いのです。
遊び感覚で日常的に使っていけば、ネイティブ並みの発音すら身に付けることができるでしょう。

幼児期は様々なことに興味を持ち、知識の吸収速度がとても早い時期です。
そのためこの時期にお母さんと一緒に楽しく習い事をしながら、いろんな経験をさせてあげてください。