自宅が塾になると話題の、ネット松蔭塾です。
一般的な通信教育との違いを比較してみました。

専門家とのマンツーマン形式によってやる気を育成

最大の違いは通信教育でありながら、担任の先生がいる点です。
通常の通信教育には担任のシステムが無い場合が殆どですが、ネット松蔭塾の場合、1人ずつに担任がついて生徒の学習管理を行います。
電話やチャットなどで指導し、内容は随時保護者にメールで知らせるシステムが徹底されています。
講師陣には一切学生アルバイトはおらず、専属のプロの講師が担当しているのも特筆すべき点です。
担当のプロ講師による指導と他の通信教育にはないコインなどのご褒美によって、生徒のやる気を持続させながら楽しく効率的に学力アップを計ります。
また担任がいることにより、毎週定期的に受ける指導で勉強の約束をし、自己管理能力を養っていきます。
子供ですので最初からストイックに自己管理するというのは難しいでしょう。
他の通信教育の場合、それが出来るか出来ないかが大きな差を生みます。
ネット松蔭塾のように担任講師がバックアップする事によって自主性を鍛えていける点は、非常にありがたいのではないでしょうか。

通信教育の難点として、疑問が出た際に確認をとるのに時間がかかり、やる気を失う可能性が挙げられます。
しかし、ネット松蔭塾は24時間体制でこの問題をクリアしています。
分からなくなってやる気を失う危険性が他の通信教育は高いですが、その部分でもネット松蔭塾は特化していると言えるでしょう。
また、教材にも他の通信教育との違いが挙げられます。
定期的に教材が送られてくる一般的な通信教育と違い、ショウイン式は全てオンライン教材になります。
オンライン教材を使用することにより生徒の状況が完全にデータ化され、それに基づいて講師が指導を行うため非常に効率的に学力アップを計れます。

金額面をみると、一般的な通信教育に比べると若干高額な感は否めません。
2つのコースから選択する事が可能ですが、とは言え担任がついてマンツーマン的な指導方法であり、金額は致し方ないと考えるべきでしょう。
子供の自主性を高める意味でも、ネット松蔭塾はお勧めの通信教育と言えるのではないでしょうか。